授乳後にバストが急激なサイズダウン…大きさと張りをリカバリーする方法とは?

妊娠・出産を経験した人のバストの悩みは意外と深刻です。
赤ちゃんが母乳を飲まなくなると、急にバストが小さくなり張りが失われます。バスルームの鏡で自分のバストを見るたびに悲しくなるとか、パートナーに胸を見せるのが嫌になったという人はとても多くいるのです。
パートナーの「ちっちゃくなったなぁ」とか、「ちょっと垂れた?」など、悪意はないけれど、グサッとくるひと言に、「涙がこぼれた」とカウンセリングでいう人もいます。
しかも、その悩みを周囲に打ち明けても「ママになったのだから、そんなこと気にすることないわ」「母乳で育ててるの!? 偉い!」など、まったく相手にされないといいます。
妊娠・出産という大きなライフイベントは、まるで「女性であることを諦めなさい」と強要しているかのよう。でも、現実には、授乳期が終わってからも女性は女性。美しいバストにこだわるのは当然の思いでしょう。
モデルや女優を仕事にされている人のなかには、バストの形が崩れるのを気にして、出産直後から人工乳育児を徹底する人もいるようです。母乳が赤ちゃんにとって、栄養的にも健康の面でも大切なことはわかっていても、美への意識の高さが母乳で赤ちゃんを育てることを阻むとしたら、それも悲しい気がします。
それにしても、どうして妊娠・出産を機に、バストのサイズや形は変わってしまうのでしょうか。
その理由を明らかにするとともに、授乳を終えたあとも、自分のバストを愛せるための方法をお伝えしていきます。

断乳後にバストが縮むのは「乳腺の萎縮」が原因