京セラ製高耐久スマートフォン「TORQUE(R) G04」 ソフトウェアアップデートを実施

ダイレクトボタンを押すだけでトランシーバー通話が可能に

 京セラ株式会社が製品化し、現在KDDI 株式会社より発売中の「TORQUE(R) G04」のソフトウェアアップデートが本日、2020 年1 月28 日(火)から開始されますのでお知らせいたします。今回のアップデートにより、指定のトランシーバーアプリを利用した際、本体側面のダイレクトボタンを押すだけで、ワンタッチで通話が可能になります。

※画面イメージはBuddycom の通話画面です。

 独自の耐衝撃、耐荷重、耐海水の試験をクリア。高い耐久性を実現しており、建設現場、警備、流通などのビジネス現場での利用に適しています。通常のスマートフォンで、トランシーバーアプリを利用する場合、(1)スリープ解除 (2)ロック解除 (3)アプリ起動 (4)通話ボタンをタップという複数の操作が必要となり、現場での緊急の連絡時に課題がありました。今回のバージョンアップにより、「TORQUE(R) G04」では側面のダイレクトボタンを押すだけで、ワンタッチでトランシーバーアプリを起動・通話が可能※1 となり、トランシーバー専用機と同じ使い勝手を実現しました。これにより、大人数への一斉指示や情報共有が必要なビジネス現場でさらに便利に活用いただけます。

■ダイレクトボタンによる通話が可能になるアプリ一覧

アプリ名   会社名
Sky Transceiver NEC ネッツエスアイ株式会社(https://skytc.jp/
Buddycom サイエンスアーツ株式会社(https://www.buddycom.net/ja/index.html
RECAIUS
フィールドボイスインカム
※3 月上旬以降対応予定
東芝デジタルソリューションズ株式会社(https://www.toshiba-sol.co.jp/pro/recaius/lineup/fieldvoice_ie.html

■「TORQUE(R) G04」の詳細については、ホームページをご覧ください。

https://www.kyocera.co.jp/prdct/telecom/office/phone/g04/

※1 事前にアプリのダウンロード、利用契約が必要です。

※「TORQUE」は京セラ株式会社の登録商標です。※記載されている会社名、サービス名、商品名は、各社の商標または登録商標です。