【日・エストニア首脳会談】「クリプトモール」を運営する「cryptomall ou」ストラテジーアドバイザーの把瑠都氏が、日・エストニア首脳会談に出席。両国間の親交を深める

1.  日・エストニア首脳会談について

(1) 概要

 2020年2月10日(月)総理大臣官邸で、安倍晋三総理大臣とエストニア共和国のユリ・ラタス首相との「日・エストニア首脳会談」が開催されました。同会談では、両首脳による会談、そして、文書交換式および共同記者発表が行われました。

 また、”社会貢献型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」を運営するcryptomall ouのStrategy Advisor(ストラテジーアドバイザー)に就任したエストニア議会の現国会議員であり、元大関の把瑠都 凱斗(本名:カイド・ホーヴェルソン)氏も同会談に出席。両国の関係強化に向けて「日本とエストニアの架け橋になりたい」と語りました。

↓↓「日・エストニア首脳会議」の詳細はコチラから↓↓

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/202002/10estonia.html
出典: 首脳官邸ホームページ「日・エストニア首脳会談等」(2020年2月10日)

https://www.mofa.go.jp/mofaj/erp/we/ee/page1_001021.html
出典: 外務省ホームページ「日・エストニア首脳会談」(2020年2月10日)

(2) 「日・エストニア首脳会議」について
 

 「日・エストニア首脳会議」では、日本での電子政府の基盤となる主要技術の共同研究を始めるため、同方針の推進に向けた署名式を行いました。

 同会談により今後、「ICT(情報通信技術)」や「サイバーセキュリティ」、そして経済分野において、両国の協力や人的交流の促進が期待されます。

 また同会談後は、総理大臣公邸での晩餐会が執り行われ、出席者同士親交を深めました。

(3) 安倍晋三総理大臣の晩餐会挨拶

 首相官邸ホームページによると、安倍晋三総理大臣は「日・エストニア首脳会議」後の晩餐会挨拶で次のように述べました。

 「今回、日本でも有名な元大関の把瑠都(バルト)関にお越しいただきました。ヘアスタイルがちょっと変わりましたが、現在は議員としてホーヴェルソン議員が、ラタス首相に同行していただいております。大関引退後、エストニアに戻り、今ではエストニアの国会議員、そして起業家として、日・エストニア関係の強化に尽力されていることに感謝申し上げたいと思います。」

https://www.kantei.go.jp/jp/98_abe/actions/202002/10estonia.html
出典: 首脳官邸ホームページ「日・エストニア首脳会談等」(2020年2月10日)

2.  把瑠都 凱斗氏について
 

 把瑠都 凱斗氏は、史上初のエストニア共和国出身の元大相撲力士。大相撲引退後は、2018年に政治家を志し祖国のエストニアに帰国。

 2019年3月、エストニア議会(リーギコク)の総選挙に出馬し当選、国会議員へ。現在は「エストニアと日本の架け橋となる」という意気込みの元、精力的な活動を行っています。

出典:エストニア公共放送(2019/3/5)
https://news.err.ee/916775/maardu-mayor-passes-riigikogu-seat-on-to-baruto

(2) 主な経歴
 

2010年 新大関(東大関)に昇進

2013年 大相撲から引退

2018年 エストニアへ帰国

2019年 エストニア議会の総選挙で当選、国会議員へ

(3) 「cryptomall ou」との関係について

 把瑠都 凱斗氏は、cryptomall ouのStrategy Advisor(ストラテジーアドバイザー)に就任し、エストニアでの事業における包括的な支援、サポートを行っています。

 また、「日本とエストニアの架け橋となる」ための活動の一環として、エストニア企業である「cryptomall(クリプトモール)」の日本進出支援や、日本では買えないエストニアの商品を「cryptomall(クリプトモール)」経由で販売するなど、事業領域の拡大を予定しております。

 同氏と「cryptomall ou」の活動が、国際交流への貢献に繋がっていくことが期待されています。

↓↓把瑠都 凱斗氏へのインタビュー動画はコチラ↓↓
 

 

https://www.youtube.com/watch?v=7LVBY0sSv7c

3.  社会貢献型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」について
 

(1) 「cryptomall(クリプトモール)」概要

 「cryptomall(クリプトモール)」とは、100万点以上もの商品を取り扱う「”社会貢献型” 暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール」です。ブロックチェーン技術を活用し、「ニセモノ・パクリ商品」が一切【販売されない】・【販売できない】ショッピングモールプラットフォームを構築中です。

↓↓社会貢献型”暗号資産(仮想通貨)専用ショッピングモール「cryptomall(クリプトモール)」はコチラから↓↓
https://crypto-mall.org

(2) 「ニセモノ・パクリ商品」を撲滅する仕組みとは?

  • ポイントその1 透明性

 ブロックチェーン上に、商品の取引記録を登録することで、誰でも取引記録を閲覧できるようになります。管理者が存在する中央集権型のシステムとは異なり、まったく利害関係のない第三者も履歴を閲覧できるため、透明性が高く、データを改ざんできません。

 

  • ポイントその2 追尾可能性

 ブロックチェーン上の商品の取引記録は、すべて繋がっています。つまり、あるメーカーから出荷され、小売店を経由し、ユーザーの元へ届いたということが一目瞭然なのです。

 

  • ポイント3 繊維型マイクロチップ

 デザインを邪魔しない繊維型マイクロチップを、製造時に商品に組み込みます。マイクロチップを読み取ることで、商品情報、商品の取引履歴そして物流経路など、改ざん不可能なブロックチェーン上の履歴を閲覧することができます。

このように、ブロックチェーン技術とマイクロチップを利用することで、決して改ざんすることできない商品の取引履歴を誰もが閲覧することができ、「ニセモノ・パクリ商品」が一切【販売されない】・【販売できない】ショッピングモールプラットフォームを構築することができます。

◇◇━━━━━━━━━━━◇◇

◆1.  ご案内

(1) 「cryptomall(クリプトモール)」の2つの特徴

・ その1
本物しか販売されていないショッピングモールという、大手に負けないブロックチェーンプラットフォーム

・ その2
他の暗号資産と提携可能という無限の可能性

↓↓「cryptomall(クリプトモール)」の紹介動画はコチラ↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=xk45HoCBUVw&feature=youtu.be

(2) 中国のニセモノ・パクリ問題

・ 問題点
「ニセモノ・パクリ商品」が氾濫しており、安心してネットショッピングができない。

・ 解決策
改ざんが一切できないブロックチェーンプラットフォームを開発することで、「ニセモノ・パクリ商品」を撲滅することができる。

↓↓中国のECサイトについての動画はコチラ↓↓
https://www.youtube.com/watch?v=CjxvfAaa-js&t=11s

(3)  過去の配信コンテンツ

↓↓プレスリリースなどのコンテンツはコチラから↓↓
https://crypto-mall.org/archive/ja

◆2.  お問い合わせ

・ お問い合わせフォーム
https://crypto-mall.org/contact

・ メールでのお問い合わせ
support@crypto-mall.org

・ 運営サイト
cryptomall(クリプトモール)
https://crypto-mall.org/
http://ieo.crypto-mall.org/

・ 暗号資産(仮想通貨)発行会社(主宰会社)&ご紹介者さまへ
「cryptomall(クリプトモール)」との業務提携をご検討の方、また、
「cryptomall(クリプトモール)」をご紹介していただける方は下記をご覧ください。
https://crypto-mall.org/user_data/alliance

※業務提携に関しましては、厳正なる審査のうえ決定させていただきます。
審査結果によっては業務提携をお断りさせていただくこともございますので、あらかじめご了承ください。

◇◇━━━━━━━━━━━◇◇