車いすユーザー向けの旅情報マガジン『ベィmagazine 』第3弾〜横浜編〜が、2月14日に発売!

最新号は車いすでも楽しめる横浜情報が盛り沢山!観光スポットはもちろん、食べる・観る・体験するを、車いすユーザーとともに取材しました。ユーザー視点、医療視点を交えて横浜の街を徹底調査!

このマガジンを作るきっかけとなったのはリハビリ専門家である理学療法士の著者の体験。

入院中の患者さんに「車いすで行けるところってどこなの?車いすで退院しても楽しむ場所がわからない」という1つのニーズに答えることができなかったこと。ネットで情報を探しても車いすの情報がほとんど見当たらず。

では実際に自らが作ってみようという試みで理学療法士が作成したのが車いすユーザー向け旅マガジン『ベィmagazine』
 

第1弾は箱根編。発行1週間で売り切れ。現在は電子版PDFのみ販売第1弾は箱根編。発行1週間で売り切れ。現在は電子版PDFのみ販売

 

第2弾は東京編。車いすデートをテーマに東京を取材第2弾は東京編。車いすデートをテーマに東京を取材

【ベィmagazineの特徴】
1実際の車いすユーザーと共に作成

ベィmagazineの特徴は車いすユーザー向けに特化した内容であること。そして車いすユーザーと共に作成すること。

第3弾のベィmagazineは車いすで行く横浜観光がテーマ。

今回主役になるのは脳性麻痺で車いす生活を送るつばさくん17歳。
 

  • 中華街で美味しいご飯を食べてみたい
  • 横浜の夜景を見てみたい
  • 自分で買い物してお洒落な服を着たい
  • できるなら観覧車に乗ってみたい

初めて車いすで行く横浜。そんな彼の楽しみを全て詰め込んだプランで取材開始。
 

中華街、山下公園、大さん橋、赤レンガ倉庫、コスモワールドなど。横浜の主要な場所を車いすで観光。
 

 

車いすユーザーだからこそわかる本当のバリアフリーとは?スロープやエレベーターだけがバリアフリーではない。助けてくれる人がいればそこにバリアはない。外に出る小さな勇気があればバリアがなくなるかもしれない。そんなリアルを詰め込んだ情報マガジンです。

2車いすユーザーが欲しい情報を動画でチェックできる

本の中にはQRコードが随所にあり、動画で旅の様子が理解できるように工夫。特に車いすユーザーが気になる動線や段差、路面の状況なども合わせてお伝えしています。

 

 

 

3リハビリのプロである理学療法士が監修作成
 

普段は病院でリハビリの仕事をしている理学療法士。彼らが一緒に旅をすることでプロ目線の情報と車いすユーザーのリアルな意見が交わった情報になります。

車いすユーザーが1人でも一歩を踏み出せるための情報を作り出すために。
リハビリの専門家である目線と車いすユーザーのリアルを情報にしたベィmagazine。ぜひ大切な人にお届けください。

【ベィmagazineが伝えたい5つのこと】

1:旅した人の思い出アルバムを本として世に出すこと

2:車いすユーザーの一歩が他の車いすユーザーの一歩を生み出すこと

3:車いすユーザーにステキな在り方があることを感じてもらうこと

4:世の中にある目に見えないハードとソフトのバリアを伝えること

5:どんな人でも助け合える世の中の「空気」を作り出すこと

 

 

【概要】