【4月16日(木)オンラインセミナー】 新型コロナウイルス感染症(COVID19)対策におけるオールハザードBCPの作り方3つのポイント

企業のBCPご担当者様必見! 新型コロナウイルス感染症対策を含めたオールハザードBCPの作り方3つのポイント
【開催日時】2020年04月16日(木)13:30~14:30 
※ 事前お申し込み制となります。下記URLからお申込み下さい。
https://www.infocom-sb.jp/event/2020/04/covid19-bcp.html

今回のセミナーでは感染症を含むオールハザードアプローチ(人為災害/自然災害などの災害の種類や原因、規模を問わず、全ての災害に対して同じ行動原則で対応する手法)に対応するBCPの策定について、3つのポイントに絞って1時間でコンパクトにご説明してまいります。

本日にも緊急事態宣言が発令されるとされる新型コロナウイルス感染症(COVID-19)は、日本でも感染経路の不明な患者が急増しており、爆発的な感染拡大につながるギリギリの状況にあります。

現時点において国内では、大規模なまん延が認められる地域があるわけではありませんが積極的疫学調査等のまん延防止策により、各地域において感染経路の不明な患者やクラスター(患者間の関連が認められた集団)の発生を封じ込めることが、いわゆるオーバーシュートと呼ばれる爆発的な感染拡大の発生を防止し、感染者、重傷者及び死亡者の発生を最小限に食い止めるためには重要です。

企業における感染症(パンデミック)対応について、貴社ではどのような計画を立てていらっしゃるでしょうか。

今回の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のみならず、感染症のパンデミックは、必ず予測通りに展開するとは限らず、また発生形態もさまざまと推定されることから、自社のみで対応するのではなく、国や地方自治体の動きと連携して臨機応変に判断し、感染予防と感染拡大防止に努めることが重要となります。
各企業において、BCPご担当者様は、すでに策定しているBCPの見直しの対応を迫られている事と思われます。

当セミナーを主催するインフォコム株式会社は、緊急連絡/安否確認システム「エマージェンシーコール」を25年にわたり提供し、BCPや危機管理に関する様々な知見を有しております。
BCPコンサルティングや訓練のご支援で培った豊富なノウハウをもとに、今回の感染症を含むオールハザードアプローチ(人為災害/自然災害などの種類や原因、規模を問わず、全ての災害に対して同じ行動原則で対応する手法)に対応するBCPの策定について、3つのポイントに絞って1時間でコンパクトにご説明してまいります。

多くの皆様にご聴講いただけるよう、Zoomを利用したオンラインセミナーとして開催いたします。
皆様のお申し込みをお待ちしております。

*********************
※web会議システム「Zoom」を利用致します。ご利用(ご招待)URLとパスワードをお申し込み者にメールでお知らせします。
※同業の方からのお申込みはお断りさせて頂きます。
※都合によりスケジュールやプログラムが変更される場合がございます。予めご了承ください。
*********************