その動画広告は本当に有効?ネットで宣伝効果を最大化するヒント

【IT業界まるわかりガイド】初心者でも、読むだけでIT業界のことがまるっとわかる

YouTubeやTwitterなど、SNSを活用したWebマーケティングが重視される中で、 特に有力視されている手法が動画広告です。SNSによって利用者層も異なるため、狙ったターゲット層に動画広告を届けるにはプラットフォーム選びを慎重に行わなければなりません。
そこで、日本初Web専門スクールの「インターネット・アカデミー」が運営する「IT業界まるわかりガイド」の中の人気記事をもとに、今回は動画広告が急増を続ける背景や、動画広告を活用するメリットとその制作方法について解説します。

動画広告の市場規模

ユーザーによるオンライン動画視聴の普及が進み、動画広告についても抵抗感が減り広く受け入れられるようになったことで、動画広告の市場規模は年々急激に拡大しています。 2019年の動画広告市場は昨対比141%の2,592億円に登り2023年には2019年の倍の5,065億円に達する見込みです。

特に2020年のコロナ禍で自宅で過ごす方が増え、OTT(Over The Top:インターネット上の動画コンテンツなどを利用するシステムのこと)やYouTubeなどの視聴時間が急激に伸びているため、市場規模も結果として大幅に上向きに変化することも容易に予想されます。

ネットで動画広告が増えている理由

理由1.スマホの普及と動画サイトのサービス拡大が背景

実は、動画広告市場規模のうち、90%近くがスマートフォンやタブレットといったモバイル向けが占めています。
今後もスマートフォン動画広告が動画広告需要全体の成長をけん引していくことは間違いないでしょう。

理由2.従来のネット広告よりも情報量が多くインパクトに富む

動画広告は、ユーザーが視聴する動画に直接埋め込むタイプの広告であるため、他のネット広告と比べても多くの人の目に入る可能性が極めて高くなります。

静的なリスティング広告やバナー広告と比べても情報量が多く、また動きや音声がつくことからユーザーの気を引きやすい点もメリットの1つです。

急成長を続ける動画市場では今もなお企業の活発な参入が見受けられ、さらに動画広告による市場の拡大が進むと予想されています。

動画広告の宣伝効果を最大化するヒント

ネットで配信される動画広告は、その目的に合ったプラットフォームを選ぶことでより高い効果を発揮し、メリットを得ることができます。

YouTube

無料で利用できることもあり、YouTubeは老若男女の幅広い視聴者層がそろっています。
その数も多いことから、広告費を抑えつつより多くのユーザーに情報発信したい場合には最適のプラットフォームといえます。

Facebook

狙ったターゲット層に対して、ダイレクトに動画広告を配信できるプラットフォームがFacebookです。Facebookに登録された個人情報を元に配信するため、ターゲット絞り込みの精度が高く、十数億を超えるユーザーに配信できる点は大きな強みです。

Twitter

ツイート内容やフォローしているユーザーから、その人がどのようなジャンルに興味や関心を持っているのかを分析し、ターゲット層を絞り込みます。こうした独自のターゲット絞り込みの他、ユーザー間のシェアで動画広告が広がっていく拡散性が高い点もTwitterだけが持つ特徴です。
また、例えばテレビ番組と連動させることで、スマートフォンユーザーだけでなく、スマートフォンを持たない層に対しても動画配信できる点は、Twitterのアピールポイントといえます。

Instagram

Instagramは、若者を中心に爆発的な勢いで広がっているプラットフォームです。画像や動画を使った広告で、若い世代をターゲットにしたい場合に最適といえるでしょう。

このようにプラットフォームごとにターゲット層に違いがあるため、動画広告の効果を最大限に発揮したい場合は、広告の内容に適したプラットフォームを選ぶことが重要です。

有効な動画広告の作り方とは?

動画広告の作り方は2通りあります。
どちらの方法が最適かは費用と動画制作の経験に左右されます。現状にマッチする方法を選んでください。

1.外注する

自社内に動画作成のノウハウがないのであれば、外注する方法が確実です。
十分な知識もなくただ商品やサービスに関する動画を作っても、宣伝効果は見込めません。訴求力のある動画にするには、技術と経験が必要です。機材やノウハウがない場合は、動画制作業者に依頼することを検討した方が良いでしょう。
動画制作業者へ依頼するメリットとして、機材をそろえる必要がなく、希望に合わせた広告性の高い動画を制作してもらえる点が挙げられます。依頼内容に応じてコストが変化してしまう点が、唯一のデメリットといえるでしょう。

2.内製(自社制作)する

内製(自社制作)の大きなメリットは制作費用を抑えられる点です。また、自由度の高い制作が可能なため、自社のサービスや商品が持つオリジナリティーを引き出したい場合に有効な方法です。
ただし、専門的な機材やソフト、動画制作に詳しいスタッフが社内にそろっていないと難しい点がデメリットです。

おわりに

企業のSNSを使ったWebマーケティングの開始がきっかけとなり、動画広告が一気に増えました。 動画広告には高い宣伝効果があることが分かり、SNSごとに異なるターゲット層にアプローチしようと、さらにその宣伝手法の分析が進められています。
動画作成に必要なツールや情報は、ネット上で集めることができます。ただ、動画広告の真の目的はユーザーへの訴求です。オリジナル性の高い動画広告を自社で制作するのなら、動画編集のノウハウや、Webマーケティングの知識が必要です。

インターネット・アカデミーでは、動画制作のプロフェッショナルを育成する「動画編集講座」や、 多様なマーケティング手法を活用し、成果を出すためのノウハウが学べる「Webマーケティング講座」を開講しています。

これらの講座の組み合わせ・カスタマイズも自由自在です。気になる講座やキャリアプランで迷うことがありましたら、無料相談を毎日行っておりますので、ぜひお気軽にお問合せください。