美容医療業界1位のSBCメディカルグループ創立者が語る! 『僕が湘南に小さなクリニックを開業し、20年で「101院、年間来院者数230万人」の医療グループに拡大できた理由』2020年9月24日発売!


株式会社幻冬舎のグループ会社、株式会社幻冬舎メディアコンサルティング(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:久保田貴幸)は、『僕が湘南に小さなクリニックを開業し、20年で「101院、年間来院者数230万人」の医療グループに拡大できた理由』(相川 佳之 著)を2020年9月24日に発売いたします。
――――――――――――――――――――――――――
目指すは、世界一の総合医療グループ!
「美容医療をもっと身近に」をスローガンに、業界で圧倒的地位を獲得した創立者の歩みと発想とは――。

始まりは、神奈川県の湘南にオープンした小さなクリニックだった――。そして、20年後には101院を経営、年間来院者数230万人を誇る業界1位の医療グループに大成長を遂げる。テレビCMで業界のタブーを突破したり、ウェブサイトで術前・術後の写真を公開したりするなど革新的な挑戦が話題を呼ぶ。だが、同グループの創設者が常に考えていたのは、患者に寄り添い、最高の医療を提供することであった。「いちばん選ばれる存在になるため」の発想と、それを実現させるためのヒントが解き明かされる一冊である。

【書籍情報】
書 名:『僕が湘南に小さなクリニックを開業し、20年で「101院、年間来院者数230万人」の医療グループに拡大できた理由』
著 者:相川 佳之(アイカワ ヨシユキ)
発売日:2020年9月24日
定 価:1400円(税抜)
体 裁:四六判・並製/202ページ
ISBN :978-4-344-93068-1

【目次】
はじめに
第1章 創業からわずか20年で100院を突破 既存の枠組みにとらわれないからこそ常識破りの急成長ができる
第2章 業界1位でなければ意味がない トップに立って景色を変え、さらに次のステージを目指す
第3章 高い目標は一足飛びには達成できない 1日0.1%の成長が夢を現実化する
第4章 成功への道は自ら切り拓く 他人が敷いたレールには乗らない
第5章 人生で大切なことはテニスが教えてくれた 学生時代に身につけた堅実な経営スタイル
第6章 同級生、先輩、家族の言葉…… 毎日のすべての経験が糧になる
第7章 モットーは「有言実行」 圧倒的な差別化は“圧倒的な努力”の先にしかない
第8章 夢は一人では実現できない 優秀なドクター、スタッフとともに世界で1000クリニック、100病院を目指す
おわりに

【著者プロフィール】
相川 佳之(アイカワ ヨシユキ)
美容外科医、事業家。SBCメディカルグループ総括院長。1970年、神奈川県にて、薬局チェーンを営む両親の元に生まれる。当初、家業を継ぐべく薬剤師を目指していたが、大学入試2週間前に医学部に志望変更、日本大学医学部に入学。卒業後は、がん研有明病院麻酔科、都内大手美容外科に勤務。2000年に独立し神奈川県藤沢市に湘南美容クリニックを開院。2003年にはその著書『愛される匂い美人になる。』が新宿 紀伊國屋書店週間売り上げ第一位となり、マスコミの取材や口コミで予約が殺到。予約の取れない美容外科として評判になる。2019年には、美容医療で初めてクリニック数100院を突破。現在、そのほかの医療分野にも進出し、総合医療で日本一となることを目指すとともに、将来的には世界一の総合医療グループに成長することを目標に掲げている。