【アパレル専門店のコックス】「THINK ABOUT DENIM」by VENCE share style 2019年8月23日(金)、環境に優しいデニムを発売!

イオングループの株式会社コックス(本社:東京都中央区日本橋浜町1-2-1、代表取締役社長:寺脇栄一)は、2019年8月23日(金)、コックス主要ブランド「VENCE share style(ヴァンスシェアスタイル)」レディスより、環境に配慮して生産したデニム商品2型を発売します。これらの商品は全国の「VENCE share style」「VENCE EXCHANGE」13店舗(一部店舗を除く)と、コックス公式オンラインストアなどのWEBストアにてお買い求めいただけます。
当商品は生産工場の余剰生地を使用し、素材を無駄にしない商品生産を実現します。またSDGsへの取り組みを周知するために、商品の後ろポケットには専用のペーパーラベルを付けています。
☆POINT☆

  1. 余剰生地を使用した、素材を無駄にしない商品づくり
  2. SDGsの目標12のテーマカラー(黄土色)を商品に取り入れ、参加意識を醸成
  3. 『THINK ABOUT DENIM』の専用ペーパーラベルを付け、お客さまへSDGsに対しての周知を図る

■背景

  デニムの原料となる綿花は栽培の際に多くの水や農薬を必要とし、環境負荷が高く環境汚染の要因となります。またデニムの藍色を出すためには「インディゴ」という天然顔料を使用します。生産過程ではインディゴの色落ちを防ぐために、様々な化学薬品を使用します。同時に独特の色味を出したり、使い込んだ風合いを出すために何度も染め直しや洗いをかけたりします。
 このように生産の過程で多くの水を使用したり、有害物質を排水したりすることで、水中生物の生態系を侵すだけでなく、土や地下水を通して人間が食べる農作物や水にも影響を及ぼします。コックスでは、サスティナブルな商品生産を実現するために、今後も環境に配慮した商品を計画しています。

■商品について

 今回発売する商品には、デニム工場に余っている余剰生地を使用しています。本来であれば生地からオーダーし商品を生産しますが、使い残りの生地をリサイクルし商品として発売します。これにより、加工に使用する多くの水や染色に使用する化学薬品を削減することが可能となります。
 また、細部にもこだわりデニムGジャンは第2ボタンホール穴、デニムパンツはボタンホール穴の糸色を、SDGs目標12のテーマカラー(黄土色)に合わし、お客さまに参加意識を醸成するとともに環境に配慮することで良い地球になるよう願いを込めています。

■SDGs

 コックスではSDGsへの取り組みを推進しており、当商品は目標11・12・17を達成することに貢献します。

■商品概要
 

ダメージGジャン

価 格:5,800円+税
サイズ:M
カラー:ブルー・ネイビー・ブラック
※オーガニックコットン使用

 

ハイウエストストレートデニム

 価 格:3,800円+税
サイズ:SS・S・M・L
カラー:ブルー・ダークネイビー

■Web

・コックス公式オンラインストア https://store.cox-online.jp/shop/venceTOP/c/c-vence/

・ZOZOTOWN         https://zozo.jp/shop/venceexchange/
※サイトにより、販売時期が異なる場合がございます。