マーチャント・バンカーズ株式会社関連会社である株式会社アビスジャパンの事業に対する出資に関するお知らせ ~生活協同組合アイネットコープ埼玉からの業務委託に係る事業への出資~

今般、株式会社アビスジャパン(マーチャント・バンカーズ株式会社持分法適用関連会社、以下、「アビス社」といいます。)は、2020年3月に続き、生活協同組合アイネットコープ埼玉(以下、「コープ埼玉」といいます。)から、コープ埼玉会員のリフォーム工事等38件を、今回は、総額70,901,400円で受注いたしました。

マーチャント・バンカーズ株式会社は、コープ埼玉からアビス社が受注したリフォーム工事事業に対し、9月28日付で出資を行うことといたしました。

アビス社は、マーチャント・バンカーズ株式会社から出資する資金を事業資金として、リフォーム工事を早期に完工のうえコープ埼玉より工事代金を受領し、工事代金の受領と同時に、出資者である当社に、出資金返還と利益の配分を行います。当社は、返還された出資金と利益を売上に、出資金を売上原価に計上します。

マーチャント・バンカーズ株式会社は、今回のアビス社とコープ埼玉との提携業務による住居のリフォーム工事に対する出資に対する売上・利益については、当第3四半期に、計上を見込んでおります。

なお、本件出資は、アビス社を営業者として、マーチャント・バンカーズ株式会社とアビス社との間の、商法上の匿名組合出資契約で行います。

アビス社は、全国各都道府県の生活協同組合との提携関係を構築し、個人居宅の外壁塗装工事やリフォーム工事、あるいは解体工事(空き家対策事業)について、全国的な受注体制の構築をはかっており、現在、東京都の生活協同組合と協議を進めており、決定いたしましたら、ご報告させて頂きます。