note proが「HRアワード2020」プロフェッショナル人材採用・雇用部門 優秀賞を受賞しました

note株式会社(本社:東京都港区)が提供する法人向け情報発信サービス[note pro]{https://start-pro.note.com/}が、日本の人事部「HRアワード2020」(主催:日本の人事部「HRアワード」運営委員会、後援:厚生労働省)の「プロフェッショナル人材採用・雇用部門」優秀賞を受賞しました。
※日本の人事部とは、経営者、人事担当者、管理職をはじめとするビジネスパーソン向けの日本最大のHR(Human Resources)ネットワークです。

HRアワードについて

「[HRアワード]{https://hr-award.jp/}」は人事やHRソリューションの領域において、独創性や先見性、社会性などの点で優れた取り組みを表彰する制度です。9回目の開催となる「HRアワード2020」には、300件を超えるエントリーが集まりました。その後、[入賞した60件]{https://hr-award.jp/nominate.php}を候補として、全国170,000人の人事キーパーソンによる投票と選考委員の審査を実施。note proは、人事向けのサービスを審査する「プロフェッショナル人材採用・雇用部門」の優秀賞に選ばれました。

<審査基準>

・明確且つ一貫性のある、戦略や方針を描けていること
・新規性、独創性があり、社会や市場に影響を与えていること
・革新的で、将来にわたって成長性や拡大性を期待できること
・高い注目度、認知度を保持していること
・優れた収益性、市場浸透性を実現していること
▼入賞時のプレスリリース

note pro受賞の背景

note proは法人がウェブサイトやメディアを構築して運営をするためのサブスクリプションサービスです。会社からの公式発信以外にも個人や利用者の声をまとめたメディアを気軽に立ち上げることができます。現在、note proを使う企業のうち約6割が採用を目的としています。

2019年3月のサービス開始以来、求人ページの埋め込み機能やnote pro独自機能の追加、note proユーザー向け勉強会やコミュニティ運営など、さまざまな施策を行ってきました。法人の情報発信の拠点としてより使いやすくなるように、今後もnote proを進化させていきます。

note proを採用に活用する企業事例

[Zaim]{https://note.com/zaimjp}

広く情報発信できるオウンドメディアをつくりたいと考え、note proをスタート。noteの記事にリンクを貼った求人ページのPVが大幅に増加し、応募者も1.5倍に増えました。

[SmartHR]{https://note.com/smarthr_co}

note proで社外にも公開する「社内報」を運営。社外へ拡散したり感想を得ることで、社内報を読み込む社員が増えました。また、採用候補者へもオープンなカルチャーが実感を持って伝わり、カルチャーマッチする人材が集まっています。

[ベーシック]{https://note.basicinc.jp/}

採用広報の強化、カルチャーマッチする人材の採用を目的にnote proを活用。自社の採用サイトから直接応募する人が約3倍に増加しました。noteを始めてからの内定承諾率は、9割以上にのぼります。

執行役員・坂本洋史 コメント

note proは企業がメディアプラットフォームnoteで情報発信をするためのサービスです。求人・採用情報が多様化する今、「チームの文化や価値観をいかにして候補者に届けるか?」がとても大切です。入社後にミスマッチなく活躍できる人材を採用するためにも、企業側からありのままの情報発信が欠かせません。一方で、人事部門だけでは発信する内容や数に限りがあったり、共感してほしい候補者に届かなかったりと、立ち上げや更新に関する悩みも多く耳にします。

noteはだれもが発信を続けられるようにするためのプラットフォームです。企業と個人の区別なく誰もが同じ目線で発信をすることで、フラットに情報を届けるしくみがあります。価値観や社風を伝える記事を企業アカウントで発信したり、社員それぞれが自分のアカウントで書く記事を企業アカウントと紐づけたり。カルチャーマッチを重視した採用オウンドメディアを、社員を巻き込みながら運営できます。

noteは月間アクティブユーザー6,300万が集まる街に成長し、利用する法人も1,600件以上に増えました(2020年5月末時点)。note proを採用に活用する企業も続々と増えています。さらに多くのみなさまがnoteで発信を続けられるように、これからもカイゼンを重ねていきます。


note pro

法人向け情報発信プラットフォーム。多くのひとが集まるnoteの街でメディアをかんたんにつくり、情報を届けることができます。「ブランディング」「リクルーティング」「ファンコミュニティ作り」「サブスクリプション」など目的はさまざま。届ける仕組みと充実したサポートで、企業がポジティブなユーザーとつながって関係を深めるお手伝いをします。

note

メディアプラットフォーム[note]{https://note.com/}は、クリエイターが文章やマンガ、写真、音声を投稿することができ、ユーザーはそのコンテンツを楽しんで応援できるウェブサービスです。だれもが創作を楽しんで続けられるよう、安心できる雰囲気や、多様性を大切にしています。
個人も法人も混ざり合って、好きなものを見つけたり、おもしろい人に出会えたりするチャンスが広がっています。2014年4月にサービス開始し、約870万件の作品が誕生して月間アクティブユーザー数は6,300万(2020年5月時点)に達しています。

iOSアプリ:[https://itunes.apple.com/jp/app/note-noto/id906581110]{https://itunes.apple.com/jp/app/note-noto/id906581110}
Androidアプリ:[https://play.google.com/store/apps/details?id=mu.note]{https://play.google.com/store/apps/details?id=mu.note}

note株式会社

わたしたちは “だれもが創作をはじめ、続けられるようにする。“をミッションに、表現と創作の仕組みづくりをしています。メディアプラットフォーム・note(ノート)では、クリエイターが各自のコンテンツを発表してファンと交流することを支援しています。多彩なクリエイターや出版社と連携しているコンテンツ配信サイト・cakes(ケイクス)は、cakes発のベストセラーを多数輩出しています。

所在地:〒107-0061 東京都港区北青山3-1-2 青山セント・シオンビル 4階 
設立日:2011年12月8日 代表取締役CEO:加藤貞顕 コーポレートサイト:[https://note.jp]{https://note.jp}