ハートコアがヘッドレス対応のデジタルエクスペリエンスプラットフォーム「HeartCoreCXM Cloud」の提供を開始

―複数の顧客データを統合し、マルチデジタルチャネルのパーソナライズを実現―

ハートコア株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:神野 純孝)は、デジタルチャネルのパーソナライズを実現するSaaS「HeartCoreCXM Cloud(ハートコア シーエックスエム クラウド)」の提供を2019年10月より開始致します。

デジタルトランスフォーメーションが加速する昨今、デジタルデバイスの多様化と変化し続けるサービスに対応するためには、優れた顧客接点を持つことが企業の成長を支える鍵になっています。

「HeartCoreCXM Cloud」はWebサイトをはじめとした各種デジタルチャネルのパーソナライズを実現するプラットフォームです。

ハートコア社が、従来より開発・販売している「HeartCore CMS」は、Webサイトを構築するためのCMS(Content Management System)の分野で2015年から3年連続でNo.1(金額ベース)のシェア(※1)を持つ、パッケージソフトウエアです。

この度提供を開始する「HeartCoreCXM Cloud」は「HeartCore CMS」の主な機能である、高度なコンテンツ編集機能を応用していますので、管理がしやすく柔軟なコンテンツの表現が可能です。

「HeartCore CXM Cloud」は、独自のAPIを経由してコンテンツをヘッドレスに配信する機能を備えているため、Webサイトへのコンテンツ配信だけではなく、デジタルサイネージやスマートフォンアプリケーション、各種IoTデバイス等に対するコンテンツの配信を実現します。

さらに、外部CDPと連携することで統合されたプロファイルを利用し、パーソナライズされエクスペリエンスを実現します。

ハートコアは「HeartCoreCXM Cloud」の提供を通じ、企業と顧客のエンゲージメントの向上に貢献いたします。

(※1)出典:ITR 『ITR Market View:ECサイト構築/CMS市場2016』CMS市場:ベンダー別売上金額シェア2015年度

      富士キメラ総研『ソフトウェアビジネス新市場 2017年版』アプリケーション/CMSパッケージ 2016年度国内実績・売上(金額ベース)

      富士キメラ総研『ソフトウェアビジネス新市場 2018年版』アプリケーション/CMSパッケージ 2017年度国内実績・売上(金額ベース)

(※2)ヘッドレス:HTMLで構成されたグラフィカルな表示を持たないこと。

<「HeartCoreCXM Cloud」の仕組み>

「HeartCoreCXM Cloud」の仕組み

<ハートコアについて>

商号  : ハートコア株式会社

代表者 : 代表取締役社長 神野 純孝

所在地 : 東京都品川区東五反田1-2-33 白雉子ビル3F

設立  : 2009年6月

事業内容: ■デジタルマーケティングテクノロジーを利用した

       CMS(コンテンツ管理)CXM(顧客経験管理)の開発及び

       グローバル販売・保守

      ■RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の開発販売

      ■プロセスマイニング・ソリューション、「myInvenio」、

       「CICERO」の販売

      ■CDP(カスタマー・データ・プラットフォーム)の開発販売

資本金 : 119,004,000円

URL   : https://www.heartcore.co.jp/