ネパール・タナフ水力発電所向け発電設備を受注

東芝エネルギーシステムズ株式会社は、ネパール政府傘下のタナフ水力発電会社(Tanahu Hydropower Limited)がネパールのセティ川流域に建設するタナフ水力発電所向けに約70MWの水車および水車発電機2セットをEPC契約者である中国電力建設集団有限公司(以下、中国電建)から受注しました。発電機器の製造は東芝水電設備(杭州)有限公司が担当します。発電所の運転は2024年に開始される予定です。
当社グループは、ネパール政府傘下のタナフ水力発電会社(Tanahu Hydropower Limited)がネパールのセティ川流域に建設するタナフ水力発電所向けに約70MWの水車および水車発電機2セットをEPC契約者である中国電力建設集団有限公司(以下、中国電建)から受注しました。発電機器の製造は東芝水電設備(杭州)有限公司が担当します。発電所の運転は2024年に開始される予定です。

タナフ発電所は、首都カトマンズから西へ約150キロメートル離れたタナフ郡に建設が予定されている乾期でも発電できる貯水池式の水力発電所で、本水力発電事業は国際協力機構(JICA)及びアジア開発銀行(ADB)等による協調融資によるものです。合計発電容量は約140MWで、本発電所の建設により現在のネパール全土の発電設備容量の約13%に相当する量の増強を実現し、ネパール西部の電力供給の安定化に貢献します。

豊富な水資源を有するネパールでは、国内における全発電設備容量1,075MWのうち約9割を水力発電が占めています注。一方で、乾期の電力供給能力は雨期の6割程度注に留まっており、電力安定供給に向けた貯水池式の水力発電所へのニーズが高まっています。

なお、本件は2018年10月に開催された「日中第三国市場協力フォーラム」において株式会社 東芝と中国電建が合意した「水力・地熱・火力発電システム等における戦略的提携」に基づき協調して案件を推進してきたものです。

当社グループは、1894年に日本最初の事業用水力発電所向けに国産初の60kW水車発電機を納入して以来、アジアをはじめ世界各国に累計2,000台以上、61,000MW超の水車の納入実績があり、ネパールでは2002年に営業運転を開始したカリガンダキA水力発電所向けにも48MWの水車および水車発電機3セットを納入しています。今後も、国内外で、顧客のニーズに応じた最適な発電ソリューションの提供を通して地域の経済成長と社会の発展に貢献していきます。

 注)出典「ネパールの電力セクター事情」2018年10月 JICA

プロジェクトの概要

発電所名:タナフ水力発電所
所在地: ネパール連邦民主共和国タナフ郡
発電所出力:約140MW
発電所オーナー:タナフ水力発電会社(Tanahu Hydropower Limited)
当社グループ供給範囲: 70.125MW水車および水車発電機2セット

※東芝エネルギーシステムズの詳細はこちらをご覧ください。
 https://www.toshiba-energy.com/
※東芝エネルギーシステムズの水力事業の詳細はこちらをご覧ください。
 https://www.toshiba-energy.com/renewable-energy/product/index_j.htm